鳩を駆除するなら

山の中を探索する

人間と鳩の関係について

「神の使い」「平和の象徴」などに例えられる鳩ですが、元来他の鳥と異なり警戒心が低く、通信機器のない時分には「伝書鳩」であったり、競技用のレース鳩であったり、昔より人間と深く関わっており、とても親しみやすい存在でありました。しかし今では鳩による創作物への深刻な被害や糞害による衛生上の問題も起こり始め、忌み嫌われ駆除される対象ともなっています。他の鳥と違い人間と密接に関係してきただけに、その住居も自ずと人間社会にt近まった場所となっております。また人間が他の生物に対して排他的であることも、鳩を無敵状態にさせ、急激な繁殖をするに至ります。人間は正に「飼い犬に手を咬まれた」かのごとく、多くの迷惑をこうむる形となってます。

駆除する方法について

鳩との共存のこれまでを考えると、人間側にとって「害あって益のないお荷物」であったとしても、ただ闇雲に殺傷駆除すべき対象ではないでしょう。しかし多くの方が糞害(トキソプラズマ症やニューカッスル症など)の感染症に結びつかないとも言えません。殺傷駆除ではなく、忌避薬などで居場所を無くすなどの方法が最も人道的であり、自然の摂理にかなう方法と言えましょう。また駆除を依頼した側も気持ちの置きどころが安らかではないでしょうか。鳩は帰巣本能が研ぎ澄まされており、巣を解体駆除または移動しても、きちんと元の場所へ戻ってきます。これは伝書鳩の能力を思い起こすとハッキリするのではないでしょうか。この事から考えても忌避薬での駆除が主流となります。